「体力が落ちたなぁ」と実感すること

点滅する青信号が厄介になった


30歳のフリーランスのライターです。

私の日常生活の中で、年を重ねるとともに「体力が落ちたなぁ」と実感することですが、多々あります。30歳になってから、それはもう多々あります。

その中の一つが、「点滅する青信号が厄介になった」事です。

この「点滅する青信号」というのは、歩行者用信号の事です。自動車用青信号は点滅しませんが、念の為。

「点滅する青信号」を見た時、貴方ならどうしますか?私は年を重ねるごとに、その判断に非常に迷うようになりました。

思えばあの頃は若かったのです。10代の頃です。

決して褒められたわけではありませんが、10代の若い頃ならば、歩行者用信号なんてものは「私が見た時は青だった」ならば自分ルールでセーフでした。

つまり、青信号が点滅していようが赤に変わっていようが、その若い俊足で横断歩道を駆け抜けたものです。

「信号無視してたのか」と怒られそうですが、10代の若い頃は皆そうでしょう。仲間内では律儀に「赤信号になった瞬間に止まる」方が珍しかったです。

ともあれ、「私が見た時は青だった」でも、若い俊足で自動車の通行の妨げにはならなかったのです。

20代になり、学生、そして社会人になると少し事情は変わります。

たとえ「私が見た時は青だった」としても、赤信号に変わったらそれはもう横断してはいけません。

他人の目もありますし、何より「10代に比べたら」足の速さは落ちています。青信号なら進んで良し。赤信号なら止まる。実に法律通りの、正しい道路の渡り方です。

しかし20代の頃は、「点滅する青信号」に関しては「走れば間に合う!」という意識でした。

実際、走ればまだ間に合いました。10代に比べれば足が遅くなったとはいえ、それでもまだ、自動車の通行の迷惑にならずに道路を横断する自信はありました。

さて、問題の30代です。と言っても、私はまだ30歳。30代になったばかりですけれどね。

しかしこれが、30歳になった途端に20代とはまた事情が変わってしまうのです。

人間というのは不思議なものです。「30歳になったなぁ」と思うだけで、一気に心も老けてしまうのでしょうか。

「点滅する青信号」を見た時、30歳の私は大抵諦めます。何故なら、「自動車の方の信号が青になってもまだ横断歩道の上にいる」恐れがあるからです。

それぐらい、30代に入ると目に見えて足は遅くなりました。

たしかに最近の私は、基本インドアで、寒い事を口実に買い物以外はずっと自宅に引き籠っています。

筋トレは毎日していますが、それでもやはり脚力というのは落ちてしまうのですね。悲しいです。

「点滅する青信号」が一番厄介なのは、「自分が横断歩道の上にいる時」です。

その時に青信号が点滅したらもう、猛ダッシュで横断歩道を渡りきります。渡った後は息も絶え絶え。「これが加齢か……」と30歳にして、悲しさを噛みしめています。


若い頃は皆に肌が綺麗と言われるほど綺麗な肌をしていたのにトップへ